Street Interview
Street Interview #横浜

音楽がめちゃくちゃ好き、読書の感覚に近いかもしれない

2021.12.10 取材・文:新木千佳 撮影:小川 遼
ハルキ(23)学生
ハルキ(23)学生

今日のファッション

ガリガリなんで、ダボダボの服を着てごまかしてるって感じです。色の合わせ方は意識してます。今日だったらネイビーのキャップで色をひろうとか。色を考えながら服を選ぶようにしてますね。その方がおしゃれに見えるなって。

「人からもらったり、知り合いがつくってる服を買ったりすることが多いですかね」
「人からもらったり、知り合いがつくってる服を買ったりすることが多いですかね」

好きなこと、趣味、仕事について

音楽がめちゃくちゃ好きです。一番好きなのはヒップホップなんですけど、いろんなジャンルを聴きます。R&B、Soul、K-POP、テクノ、ハウス……。暇があるとスピーカーから音楽垂れ流して聴いてます。アルバムは通しでしっかり聞きたいんで、3~4時間かかったりしますね。座って、歌詞見て、タバコ吸いながらって感じで。読書の感覚に近いかもしれないです。歌詞のストーリー性とかアーティストの成長とか、ずっと聴いてると分かったりするんで、楽しいです。

「生きてりゃいいことあるんじゃない? っていろんな人に思ってほしい」
「生きてりゃいいことあるんじゃない? っていろんな人に思ってほしい」

自分の個性、多様性について

横浜が地元なんですけど、言っちゃえばヤンキーとかいるような荒れてる学校で。そのなかで、勉強教えてって言われることが多かったんですよ。その経験があるから、話を聞くのがうまいって言われるようになったのかな。否定せず相手の話を聞くんで。いろんな人がいる環境で育ってきたから身についたのかもしれない。でもきちんと聞いた上で間違っていたら、はっきりと違うってことは伝えます。ブレない自分の軸をちゃんともつように心掛けてます。

ハルキ(23)学生
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various