Street Interview
Street Interview #中目黒

「人に喜んでもらうことを考えると、なんでもうまくいく」

2022.01.14 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:小川 遼
吉岡史織(40)ヨガウェア“Julier(ジュリエ)”デザイナー
吉岡史織(40)ヨガウェア“Julier(ジュリエ)”デザイナー

今日のファッション

今日はひたすらリラックスした感じで、上下ニットでまとめました。普段から割とラフな格好が好きですね。私、ヨガウェアのブランドをやっていて、このアウターはそのブランドのものなんです。ヨガウェアと合わせられるようなリラックスしたつくりにしていて、お気に入りです。

吉岡史織(40)ヨガウェア“Julier(ジュリエ)”デザイナー

好きなこと、趣味、仕事について

もともとは大手アパレルメーカーのデザイナーだったんですが、ヨガにハマってから、だんだんヨガウェアのブランドをつくりたいと思うようになって。ヨガインストラクターの資格も取得したんですが、やはりもともとの職業を活かしたいというのもあり、ウェアのブランドを立ち上げました。少人数で立ち上げたのでなかなか苦労したんですが、今はリピーターのお客様も多くて、順調にできています。

「オフィスが中目黒というのもあって、よく気分転換に歩いてます。目黒川、良いですよね」
「オフィスが中目黒というのもあって、よく気分転換に歩いてます。目黒川、良いですよね」

自分の個性、多様性について

常々、「人に喜んでもらうことを考えると、なんでもうまくいくな」と思っています。ブランドを立ち上げた当初は、自分がつくりたいデザインをして、それが世に売り出されるまでの過程が好きだったんですけど、だんだんやっていくうちに、「お客様が喜んでくれるものをつくろう」という気持ちになっていきました。人に喜んでもらうことを考えて動くと、自分も嬉しくなるんです。人間関係も一緒ですね。

吉岡史織(40)ヨガウェア“Julier(ジュリエ)”デザイナー
share
    Latest
    • 都市と生活者をつなぐ畑 食の未来を耕すアーバンファーミングの可能性
      都市と生活者をつなぐ畑
      食の未来を耕すアーバンファーミングの可能性
      2021.11.29 Theme & Feature #Sustainable#Technology
    • たなかはな
      泥臭さ上等、多様性ポップな演歌の花道
      たなかはな
      2021.11.29 Documentary #Music#Work
    • そーすけ
      男性でも女性でもない僕が、ありふれた存在になるために必要なこと
      そーすけ
      2021.11.29 Documentary #Gender#Art