Street Interview
Street Interview #中目黒

洋服はその日一日、自分が楽しく過ごすために必要なもの

2022.01.17 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:小川 遼
けんすけ(23)接客業
けんすけ(23)接客業

今日のファッション

今日はうどんを食べに来たんです。服はたまたまですけど、うどんコーデみたいになってますね(笑)。お気に入りは、先週買ったこのPaul Smith(ポール・スミス)のマフラーかな。これをメインに使いました。洋服好きが高じて、仕事はアパレル系してます。

「この自転車がそうなんですけど、BMXにもう1年半くらいハマってます」
「この自転車がそうなんですけど、BMXにもう1年半くらいハマってます」

好きなこと、趣味、仕事について

BMXっていうスポーツにハマってます。服屋さんでたまたまBMXをやっている人たちに会って、かっこいいなーと思ったんです。即買いに行って、そこからですね。あとやっぱり洋服にはずっとハマってます。洋服は衣食住の一つで、その日の気分を左右するものでもあります。その日、自分が楽しく過ごせるものって大事だなって思って、そこに惹かれました。

「『こんなもんかな』って我慢する人もいると思うけど、自分に合うほかの手段や場所はきっとある」
「『こんなもんかな』って我慢する人もいると思うけど、自分に合うほかの手段や場所はきっとある」

自分の個性、多様性について

絶対、「自分の人生を楽しく過ごしたい」ってのがありますね。“嫌な人”ってどこでもいてるじゃないですか。嫌な人に会いたくないから行きたくないけど、行かなあかんところなら、休んでもそれはそれで嫌な気持ちになるし。自分が無理するくらいなら、いっそ辞めて環境を変えたほうがええなって。実際、場所を変えたら嫌な人がいなくなって、楽しい人らに出会えたんですよね。自分の好きなことやって自分の好きな人とつるんで好きなもん食べてってのが一番幸せやと思うし。僕の中ではそれが一番大事で、ガマンしたくない部分ですね。

けんすけ(23)接客業
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various