Street Interview
Street Interview #秋葉原

常に全力!
皆が喜んでくれるなら頑張りたい

2022.01.19 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:小川 遼
ROW(ロウ)(30代)専業主婦
ROW(ロウ)(30代)専業主婦

今日のファッション

今日は好きなブランド「axes femme(アクシーズファム)」でまとめました。数年前にアクシーズファムのブラウスやスカートをお店の前で見かけたときに一目惚れしてしまって……そこから集め始めました。女の子らしさが詰まっていて、それでいて気品もあって、大好きです。コートもケープのような形になっていて珍しくて、お気に入り。これは主人に買ってもらいました(笑)。

「黒が好きな理由は、昔ビジュアル系が好きだったから、その影響が残っているのかも。今も黒を基調にしがちです(笑)」
「黒が好きな理由は、昔ビジュアル系が好きだったから、その影響が残っているのかも。今も黒を基調にしがちです(笑)」

好きなこと、趣味、仕事について

今は、料理やお菓子づくりが趣味かな。もともと料理はあまり好きじゃなかったんですけど、家族ができてからイベントごとが増えて。家族が喜ぶようなメニューをつくることに、やりがいを感じるようになりました。

「今日は、昔買った同人誌を売りに秋葉原にきました(笑)。子供がそろそろ漫画を読めるようになってきたので、家にあるといつ読まれるかとハラハラしてしまって……意を決して売りました(笑)」
「今日は、昔買った同人誌を売りに秋葉原にきました(笑)。子供がそろそろ漫画を読めるようになってきたので、家にあるといつ読まれるかとハラハラしてしまって……意を決して売りました(笑)」

自分の個性、多様性について

「常に全力」がモットー。手を抜けない性格なんです。学生の頃って、テストの順位付けで成績が貼り出されたりしたじゃないですか。勉強を頑張れば頑張るほど、目に見えて成果が出て、そこからですね。勉強以外でも、皆が喜んでくれるなら頑張ろうって気持ちで、日々全力です。大変なんですけど、同時にやりがいを感じます。

ROW(ロウ)(30代)専業主婦
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various