Street Interview
Street Interview #品川

コツコツと継続した努力が、一番の近道だと思っています

2022.03.07 取材・文:新木千佳 撮影:小川 遼
村上(26)マクセル アクアパーク品川 ゲストリレーション(チケット担当)
村上(26)マクセル アクアパーク品川 ゲストリレーション(チケット担当)

仕事について

チケットや年間パスポートの販売、団体のお客様の受け入れなどを担当しています。少し前に券面にプリントされる生き物の種類を追加したのですが、その写真の選定に携われたのはいい経験になりましたね。実際にお客様がチケットを手にした時、「この生き物かわいい!」とか、「どこに展示されているんですか?」などとコミュニケーションのツールにもなっているのが、うれしいですね。

「もともと水族館で働きたかったので、ここにいるだけで癒されます。毎日水槽を眺めていられるなんて特権ですよね!」
「もともと水族館で働きたかったので、ここにいるだけで癒されます。毎日水槽を眺めていられるなんて特権ですよね!」

好きなこと、趣味について

料理をすることが好きです。アルバイトでキッチンをずっとやっていたので、そこからですね。学生時代は週一回、家族にふるまっていたこともあるんですよ。最近、電子圧力鍋を買いまして。ひたすらつくって満足してます(笑)。シンガポールライスは美味しかったですね。他には、ぶり大根とか角煮とか……普段はあまりつくらないような料理を機械に頼ってやってます。

「今の目標は担当業務のプロフェッショナルになること。そしてゆくゆくは会社全体に貢献していきたいです。結果につながるように、コツコツやっていきます」
「今の目標は担当業務のプロフェッショナルになること。そしてゆくゆくは会社全体に貢献していきたいです。結果につながるように、コツコツやっていきます」

自分の個性、多様性について

高校受験を校内推薦で受けた時、周りのみんなは合格して僕だけ落ちて、すごく悔しかった。その時に、一時の努力と継続した努力とでは出る結果が違うことに気づいて、今はコツコツやるのが一番の近道だと思って励んでいます。人と関わることが好きで、今はメイン業務の他に、コンプライアンス推進者として職場環境をより良くするための活動を行っています。スタッフの相談にのって自分事としてとらえる。困っている人がいたら寄り添って味方になる。その輪が広がれば、チームが一丸となれるんじゃないかなって思っています。

村上(26)マクセル アクアパーク品川 ゲストリレーション(チケット担当)
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various