Street Interview
Street Interview #江ノ島

まだ、30%。
答えや正解がないから楽しい。

2022.04.12 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:荒 眞人
のっち(45)サラリーマン
のっち(45)サラリーマン

好きなこと、趣味

サーフィンが趣味です!もう15年くらいやっていて、ずーっと楽しいです(笑)。実は、始めて3年くらいは全然波に乗れなかったんです。だから、休みの日は毎日海にきて練習したり、体力づくりをしたり。辛かったけど、それだけの魅力がありました。最初に乗れた時は最高でしたよ! たった何秒かしか乗れないんだけど、最高におもしろくて。15年やってる今でも、そのおもしろさが続いてます。まだ30%くらいしか、サーフィンについて分かってないんじゃないかな。答えや正解がないですからね。でもそれが楽しい。70歳くらいまでは続けたいです!

「サーフィンをやり始めたキッカケは、義理のお父さんから板をもらったこと。今では義理のお父さんよりハマっちゃってるんですけどね(笑)」
「サーフィンをやり始めたキッカケは、義理のお父さんから板をもらったこと。今では義理のお父さんよりハマっちゃってるんですけどね(笑)」

自分の個性、多様性について

会社の人には、「いつも楽しそう!」と言われます。「充実してるよね」みたいな。でも、実は意外と気にしいな部分もあるんですよ(笑)。ただ、楽しそうにするよう意識はしてます。困難でも楽しむ。人生で辛いことってたびたびあるけど、それを乗り越えたからこそ今の自分がいるから。一度すごく辛いことを体験すると、それ以下の辛いことが簡単に乗り越えられるようになって、楽しめるようになるんです。もちろん、時間と経験が必要ですけどね。段々乗り越えて、今があります。この考えは、サーフィンにも活きているような気がしますね。

「ここらへんはロケーションが最高!富士山を見ながら波に乗れるなんて、最高ですよ。こういうところはなかなかないです!	」
「ここらへんはロケーションが最高!富士山を見ながら波に乗れるなんて、最高ですよ。こういうところはなかなかないです! 」

仕事について

休みの日に海でリフレッシュできるから、次の日の仕事は苦じゃないんです。サーフィンで体自体は疲れているけど、心はいつも軽いですね(笑)。気持ちの切り替えができるんです。落ち込んでいても、波でリセット。サーフィンがなくなったらやってけないかもしれないです(笑)。

のっち(45)サラリーマン
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various