Street Interview
Street Interview #下北沢

カミソリを使った刈り上げに惹かれ“理容師”の道へ

2022.05.10 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:小川 遼
福寿(22)理容師
福寿(22)理容師

今日のファッション

今日は寒いから、気に入ってるレザージャケットを着てます。ヒップホップが好きなんで、普段からゆるっと大きめなスタイル。髪型はずっと坊主でした。少し伸びてくると気になって剃っちゃうから、なかなか坊主から抜け出せなかったんですけど、やっと伸ばせて針金パーマをかけました。

「いい意味でも悪い意味でもマイペースな性格です」
「いい意味でも悪い意味でもマイペースな性格です」

好きなこと、趣味、仕事について

高校卒業からの流れでなんとなく大学に行ったんですけど、特にやりたいことがあったわけじゃなくて。でも19歳のころにYouTubeでカミソリを使った刈り上げの動画を見て、こういう仕事、かっこいいなって思ったんです。元々ヒップホップやブラックカルチャーが好きだったから、そのジャンルに携わる仕事がしたいと思ってたんですよ。そういう髪型が出来るのは理容師だなって。だから「美容師」ではなく、カミソリを扱える「理容師」になりました。

「怒ってる人って嫌じゃないですか? だから自分は怒らない。ストレスがあっても、音楽が解消してくれます」
「怒ってる人って嫌じゃないですか? だから自分は怒らない。ストレスがあっても、音楽が解消してくれます」

自分の個性、多様性

自分の中で、音楽はデカいです。中学3年くらいのころ、YouTubeでたまたま、鎮座DOPENESSさんを見たんですよ。独特なリズム感がおもしろくて「なんだこれーっ!」と思って。そこからいろんなヒップホップを聴くようになって、気が付いたらハマってましたね。ヒップホップって、すごく自由な音楽なんですよ。決まった枠がないというか、例えば「ロックといえばギター」みたいな代名詞がなくて、とにかく自由でなんでもあり。だから飽きないんです。

福寿(22)理容師
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various