Street Interview
Street Interview #川越

死ななきゃ、なんでもいい。何を言われても気にしない

2022.05.30 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:小川 遼
テツミ(29)飲食系
テツミ(29)飲食系

今日のファッション

いつもモノトーン系でまとめることが多いですね。ファッションへのこだわりはそんなにないけど、靴はいつもティンバーランドで買ってるかな。今日はスニーカーですけど、ブーツは学生のときからよく買っていて。しっかり手入れすれば何年も使えるからいいですね。1回履いたらケアをして2日おく。連続で履くとすぐダメになっちゃいますからね。

「髪型は、ドラゴンアッシュのKjさんをイメージしてたんですけど、気が付いたら半分坊主で半分金髪になってました(笑)」
「髪型は、ドラゴンアッシュのKjさんをイメージしてたんですけど、気が付いたら半分坊主で半分金髪になってました(笑)」

好きなこと、趣味、仕事について

ご時世的にもう何年も行けてないけど、フェスが大好きでよく行ってました。年に4、5回は参加してたかな。野外だと音の響きも違って最高なのと、やっぱり人との交流がおもしろい。皆で盛り上がって、気づいたらまったく知らない隣の人と円陣組んでるとか(笑)。あの独特な一体感が好きです。またコロナが落ち着いたら行きたいですね。

テツミ(29)飲食系

自分の個性、多様性について

僕、死ななきゃなんでもいいんです。だから、基本的には人に何を言われても気にならない。だって、他の人が言ってることを気にして怒ったり落ち込んだりしてたらキリがないですもん。疲れちゃうし。だから、例えば上司にキツイことを言われても、最終的には「まぁ、殺されるわけじゃないしな~」って流せる。気にしすぎて、好きな仕事や趣味が嫌いになるのはもったいないですからね。

テツミ(29)飲食系
share
    Latest
    • 塩野美里

      生きることを真剣に考えられる場所、福島県浪江町 東京で働いていた塩野美里が見つけた夢
      塩野美里
      2022.06.16 Documentary #Work #Sustainable
    • 延藤ミッツェル五朗

      「お笑いが好きだから、変革したい」 お笑い芸人とお客さんをつなぐ、延藤ミッツェル五朗の夢
      延藤ミッツェル五朗
      2022.06.03 Documentary #Entertainment #Work
    • 河合優実(かわいゆうみ)

      演じることで生み出せる“価値”は何か 役者・河合優実の心にいつもある多様性とは
      河合優実(かわいゆうみ)
      2022.05.20 Documentary #Art #Movie