Street Interview
Street Interview #吉祥寺

服装も自分も“自由”に
レディースも取り入れて好きに着てます

2021.11.29 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:小川 遼
KO(こー)(20)大学生
KO(こー)(20)大学生

今日のファッション

今日のトップスはレディースなんですけど、肩出しがかわいくて。でも甘くなりすぎないように、自分でダメージをいれたジーンズと、手づくりのパールのアクセサリー、シルバーリングを合わせました。

「今日の一番のポイントは、やっぱり肩出しですね」
「今日の一番のポイントは、やっぱり肩出しですね」

好きなこと、趣味、仕事について

今、服飾の学校に行っているので、服づくりや既製品のアレンジも好きです。僕、もともとはドレスがつくりたくて。実写版のシンデレラのドレスが本当に綺麗で、あれを見たときから、どうしても自分でつくれるようになりたくて、それが服飾に進もうと思ったきっかけです。自分の中の洋服の自由度がもっと広がって、それを自分でも表現できるようになれたらいいなと思います。

「吉祥寺は、自然豊かで落ち着いたカフェも多くて、街の人も温かいです。悩んでいても、すんなり素の自分に戻れる場所ですね」
「吉祥寺は、自然豊かで落ち着いたカフェも多くて、街の人も温かいです。悩んでいても、すんなり素の自分に戻れる場所ですね」

自分の個性、多様性について

人からは柔らかい、中性的と言われますね。もともと中性的な自覚はあるので、「だよね」って(笑)。小さいときから、「これは男の子のもの、これは女の子のもの」っていう考え方がないんですよね。「自由でよくない? 好きだから好きでよくない?」っていう考え方。姉のおさがりもよく貰っていましたね。

KO(こー)(20)大学生
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various