Street Interview
Street Interview #裏原宿

自由に生きていけたらいいんじゃないかな

2021.11.29 取材・文:新木 千佳 撮影:小川 遼
イテル(38)アパレル店員
イテル(38)アパレル店員

今日のファッション

今日は展示会だったので、動きやすい格好。自分的には派手にならないようにしました。すれ違った知らない人から「見た〜?」ってこそこそ言われることもありますけど(笑)。子どもが3人いるので、お母さんに見えるようにっていうのも一応は思ってます。

好きなこと、趣味、仕事について

私自身、お堅い家庭で育ったんですよ。学校は私立、おかっぱ黒髪、デニムはダメとかそういう感じ。成績の良さでしか自分を表現できなかった。押さえつけられてたものが、ファッションで爆発してこうなったよって感じです。

「派手なつもりはないんですけど、自分が好きなものを選ぶとこうなってしまう(笑)」
「派手なつもりはないんですけど、自分が好きなものを選ぶとこうなってしまう(笑)」

自分の個性、多様性について

押さえつけられて育ったからこそ、子どもたちには、勉強も最低限やればいいし、服装も自分が好きなようにどうぞって。人に迷惑をかけなければ良いと思ってます。自由にすることで、周りから何か言われることもあるかもしれないけど、めげずにやっていって欲しいですね。それこそ自分が自由にやってる責任であり、代償です。

イテル(38)アパレル店員
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various