Street Interview
Street Interview #原宿

“みんなと一緒”はイヤ
あわよくば、目立ちたい

2021.11.29 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:小川 遼
あい(27)ファッションデザイナー
あい(27)ファッションデザイナー

今日のファッション

仕事に行くときは、「いつでも走れるぞ」ってくらい身軽な格好で、かつ仕事のことだけを考えられるように、逆に極限までゆるい格好にしてます。お休みの日は、歩いていたら思わず三度見をされるくらい目立つことを目標に(笑)。海外系のテイストで、派手な格好をして出歩くことが多いですね。「皆、私を見て!」みたいな(笑)。

「お母さんがつくってくれた紐付きの帽子は、暑さに弱い私のために、内側に保冷剤を入れるポケット付き! 世界に一つだけの、私のためだけの帽子で、本当にお気に入りです」
「お母さんがつくってくれた紐付きの帽子は、暑さに弱い私のために、内側に保冷剤を入れるポケット付き! 世界に一つだけの、私のためだけの帽子で、本当にお気に入りです」

好きなこと、趣味、仕事について

尊敬してた職場の先輩の教えなんですけど、「何かして」って言われたときに、プラスアルファ何かできないかを考えるのがポリシーと言っていて、かっこいいなぁと思って。それから私も、プラスアルファを考えて動くようにしてます。

「髪型は、会社にブレイズが出来る人がいて、練習で編んでもらったんです。ジャスミンみたいなチャームもお気に入りです!」
「髪型は、会社にブレイズが出来る人がいて、練習で編んでもらったんです。ジャスミンみたいなチャームもお気に入りです!」

自分の個性、多様性について

「みんなと一緒のことをする」っていうのがずっとイヤで。違うことをしたいし、あわよくば目立ちたい。小さい頃からそう思っていて、自然に服の世界にのめりこんでいきました。でも、今はドッグカフェとか開きたいんですよね(笑)。自分自身のブランドを持ちたい、世界のブランドとお仕事したいっていうのはもちろんあるけど、ドッグカフェもしたいんです(笑)。あと見た目が派手なので、内面も派手だと思われがちですが、全然! クラブにも行かないし、休みの日は家にずっといたいくらい。ジャンクフードもお肉も食べなくて、和食が大好きです(笑)。

あい(27)ファッションデザイナー
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various