Street Interview
Street Interview #原宿

レインボーカラーが大好きな演歌歌手
でも、これが私です

2021.11.29 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:小川 遼
たなかはな(28)演歌歌手
たなかはな(28)演歌歌手

今日のファッション

全体は、大好きな「ドラえもん」カラーで統一して、アイテムに大好きなレインボーカラーを取り入れてます! 私、昔から親には「色物は似合わない」って言われてたんです。でも、原宿に初めて来たときに、レインボーカラーのあまりのかわいさに感動して、「何色でも着ていいんだ!」って気付いて、レインボーカラーが大好きになりました。

「一目惚れで買いました。ここ(肩紐)で、一撃で好きになりました」
「一目惚れで買いました。ここ(肩紐)で、一撃で好きになりました」

好きなこと、趣味、仕事について

ドラえもんの声優・水田わさびさんの声が大好きで、声がキッカケでドラえもんにハマりました。前にGUCCIとドラえもんがコラボしたバケットハットを買ったんですけど、それから、お仕事がいっぱい入ってくるようになって。「ドラえもんって、自分と相性が良いのかも?」と思って、それからドラえもんはお守り代わりになりました。

「原宿は元気のチャージ場所! 『そのままでいいんだよ』って感じで、個性を受け入れてくれる心地の良いところです」
「原宿は元気のチャージ場所! 『そのままでいいんだよ』って感じで、個性を受け入れてくれる心地の良いところです」

自分の個性、多様性について

演歌は小さな頃から好きで、おじいちゃんおばあちゃんの前で歌うと、すごく喜んでくれて、お小遣いまでくれたりして! 「喜んでもらえてお金を稼げるってステキだな」って思って、気が付いたら本格的にこの道に進んでましたね。演歌をやってる上に、格好はカラフルだからかな? 周りには変わった人って思われることが多いかも。普通のお着物でやってた時期もあったけど、自分の好きな格好で、好きなようにしたほうが楽しくて。自信をもって「これが私です」っていうと、誰も否定しなくなるんですよ。何事もとらわれない気持ちが大事だなと思います。

たなかはな(28)演歌歌手
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various