Street Interview
Street Interview #高円寺

やらずに後悔よりやって後悔の方が、絶対人生にプラス

2021.11.29 取材・文:新木 千佳 撮影:小川 遼
RIDDLE(リドル)(27)自営業
RIDDLE(リドル)(27)自営業

今日のファッション

ワントーンコーディネートです。ゆるっとしつつもファッション性を意識してまとめました。パッチワークのパンツは好きな要素がたくさん詰まってて、最近のお気に入り。洋服は1,000着ぐらい持ってるかな。店ではキャラクター系の古着をメインに扱ってて、日暮里駅の谷中銀座のそばにあります。

「ポイントはちょっとラルフ(RALPH LAUREN)っぽさもありつつ、パッチワークっていう個人的にすごい好きな要素が入ってるパンツです」
「ポイントはちょっとラルフ(RALPH LAUREN)っぽさもありつつ、パッチワークっていう個人的にすごい好きな要素が入ってるパンツです」

好きなこと、趣味、仕事について

家に帰ったら、映画とかアニメをずっと見てますね。まず一息つける映画を見て、ホッとする。そのあとにアニメ見てテンション上げる、とか(笑)。着てる服かっこいいなーとか、映画の影響めちゃめちゃ受けますね。マーク・ラファロさんが好きなんですけど、映画の中でカジュアルスーツを着こなしてて、シンプルなんだけどかっこいい。自分は古着が多いですけど、憧れますね。

「学生時代の卓球部顧問に言われていた『相手の立場になってものを考えろ』っていうのが染みついてます」
「学生時代の卓球部顧問に言われていた『相手の立場になってものを考えろ』っていうのが染みついてます」

自分の個性、多様性について

やりたいことからやっていく。どんなことでも。利益がどうとか、周りからどう思われるかなんて関係ないですね。今はそれが古着屋。大学時代からずっとやりたかったんで。自分の本音を言えない人がいますけど、もったいないなって思います。我慢するぐらいなら、言っちゃった方がいいなって。小さなことでもいいんで、何か行動することが大切なんじゃないかな。自分がこうしたい! っていうのは大切にして生きていきたいです。

RIDDLE(リドル)(27)自営業
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various