Street Interview
Street Interview #池袋

テーマは「かわいい平日」
体型を活かしてファッションを楽しみたい

2021.12.02 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:小川 遼
イタダキくま(35)介護士
イタダキくま(35)介護士

今日のファッション

「くまのプーさん」が好きで、洋服の中やいろいろなところにプーさんが潜んでます(笑)。最近は原宿系が多いです。みんなと同じようなファッションをするよりは、「誰も着ないようなものを着ちゃおうかな」みたいな気持ちで始めたんですが、すごく面白くて。いろんなテーマで楽しんでいます。

「パンダも好きで、このリュックはお気に入り。原宿のファッションブランドACDC RAG(エーシーディーシーラグ)さんのもので、意外に収納力もあるんですよ」
「パンダも好きで、このリュックはお気に入り。原宿のファッションブランドACDC RAG(エーシーディーシーラグ)さんのもので、意外に収納力もあるんですよ」

好きなこと、趣味、仕事について

僕、30歳くらいまでは普通に無難な格好だったんです。でも、渡辺直美さんとか、自分の身体をキャンパスのようにとらえて洋服を楽しんでいるのを見て、僕も体型を活かして変えてみようかなと。別に太ってても痩せてても関係ないかなって。周りには「派手だね~」とか「おもしろくていいね~」とか言われますね。知らない人が声をかけてきてくれて新しい交流が生まれたりもして、変えてよかったと思ってます。あとは、仕事とのギャップをつけたいというのもあるのかな、真面目な職種だから。仕事とは違う世界を自分の中につくっておかないと、自分を保てないかも。

「埼玉県出身なので、学生のときは僕にとって池袋は都会でした。今でも大好きな街です」
「埼玉県出身なので、学生のときは僕にとって池袋は都会でした。今でも大好きな街です」

自分の個性、多様性について

いつでも、「笑顔」が基盤にあります。自分が真面目な顔をしてるとき、周りに「元気ないね?」って心配されたりするんです。多分、みんなの認識が「笑顔な人」ってイメージになっているのかも。笑顔でいるほうが自分も楽しいし、人も元気になってくれるし。つらいことがあっても、なるべく笑顔でいるように意識してます。

イタダキくま(35)介護士
share
    Latest
    • 塩野美里

      生きることを真剣に考えられる場所、福島県浪江町 東京で働いていた塩野美里が見つけた夢
      塩野美里
      2022.06.16 Documentary #Work #Sustainable
    • 延藤ミッツェル五朗

      「お笑いが好きだから、変革したい」 お笑い芸人とお客さんをつなぐ、延藤ミッツェル五朗の夢
      延藤ミッツェル五朗
      2022.06.03 Documentary #Entertainment #Work
    • 河合優実(かわいゆうみ)

      演じることで生み出せる“価値”は何か 役者・河合優実の心にいつもある多様性とは
      河合優実(かわいゆうみ)
      2022.05.20 Documentary #Art #Movie