Street Interview
Street Interview #渋谷

20キロ痩せてファッション業界に飛び込んだ
「洋服は出合い」

2021.12.16 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:荒 眞人
mulahiro(19)フリーター
mulahiro(19)フリーター

今日のファッション

今日はセブンティーズルック。全部古着です。洋服って出合いだと思ってるんで、一目惚れで買うことが多いですね。靴は新品のPRADA(プラダ)なんですが、革靴っぽすぎないのと、ブランドロゴがあえて靴底にあるのがオシャレで買いました。レゲエが好きで、普段はジャマイカの恰好をしています。レゲエはもともと親が聴いていたのと、よく行く古着屋のスタッフさんがレゲエ好きで、その影響で始めましたね。

「髪型はドレッドツイストで、カッコイイなと思って即やってみました。周りの友達からも好評です」
「髪型はドレッドツイストで、カッコイイなと思って即やってみました。周りの友達からも好評です」

好きなこと、趣味、仕事について

レゲエは、ノリがよくて、どんなときでも聴けるのが好き。あとはスケボーにハマってますね。スケボーって一人ひとり個性があって、服装もスタイルも違うんですよ。それがおもしろくて。それからDJをやってみたいとも思っていて、勉強中です。東京に来てから、やってみたいと思ったらすぐやることを意識していて、前より行動力がついたような気がします。

「渋谷は、いろんな人が自由に自分を表現していて、歩いてるだけでもいろいろなファッションが学べる街。すごく楽しいです」
「渋谷は、いろんな人が自由に自分を表現していて、歩いてるだけでもいろいろなファッションが学べる街。すごく楽しいです」

自分の個性、多様性について

高校卒業後に上京して、スポーツ系の学科に行ってたんですけど、東京にきていろいろなファッションに触れて、ファッションのほうが好きになっちゃって。だから思い切って学校を辞めてフリーターになって、今はいろいろ学びつつという感じ。実は、高校生の頃はぽっちゃりだったんです。でも、雑誌の『POPEYE(ポパイ)』の撮影現場に行かせてもらったのがキッカケで痩せたいと思って、そこから20キロ落として今です。洋服の幅も広がって、ファッションを楽しんでます。

mulahiro(19)フリーター
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various