Street Interview
Street Interview #原宿

自分で決めたことは、しっかり説明できるような生き方をしたい

2022.04.26 取材・文:新木千佳 撮影:小川 遼
ゆうや(24)アパレル
ゆうや(24)アパレル

今日のファッション

ゆったりフォーマルでコーディネートしました。スカーフで締めつつ、スニーカーやナイロンのジャケットでスポーティー感を。ピアスは19個空いてます。20歳の頃からどんどん増やして今の状態に落ち着いた感じです。20個目はちょっと迷ってます(笑)。

散歩しながら建築を見るのが好きです。内装どうなってるんだろう、外装綺麗だな〜とか。家の造りや魅せ方が自己表現のインスピレーションにもなるので楽しいです。
散歩しながら建築を見るのが好きです。内装どうなってるんだろう、外装綺麗だな〜とか。家の造りや魅せ方が自己表現のインスピレーションにもなるので楽しいです。

好きなこと、趣味、仕事について

今はいっぱい身につけて派手にしているんですけど、いつかこれらを全部なくして綺麗な状態にしたいと思っています。ファッションを覚えたての頃は、重ね着したいとか色々あったんですけど、知れば知るほどシンプルなものがいいなと。かっこいい人は白Tにデニムで十分魅力があるんですよね。いつか自分もそこに辿り着くために、今は着飾ってます。

どうせ生まれたんだから自分らしく生きて自分らしく死にたい。自分を楽しませるために生きている感じです。
どうせ生まれたんだから自分らしく生きて自分らしく死にたい。自分を楽しませるために生きている感じです。

自分の個性、多様性

物事を掘り進めて、本質を知らないと納得ができないちょっとめんどくさい性格です(笑)。社会で決められたルールだから“やらない”のではなくて、理由があるから“やらない”。小さい頃は、周りに合わせるタイプでしたが、高校生ぐらいのときに自分らしく生きようと決めて。自分らしく行動すると、人と違うことも出てくるんですよね。“こうありたい”という思いがあるから、その行動をとっている。自分で決めたことは、しっかり説明できるような生き方をしたいと思っています。

ゆうや(24)アパレル
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various