Street Interview
Street Interview #光が丘

「焦らず自分を信じていれば大丈夫」
そう言い聞かせて進んでいく

2022.03.22 取材・文:新木千佳 撮影:小川 遼
uuy(19)専門学生
uuy(19)専門学生

今日のファッション

オールホワイトでコーディネートしました。ただ白にするのではなくて、変わったデザインのものを入れてあわせました。洋服のセレクトプロデューサーをしているんですが、今着ている服は新しく販売するものです。その撮影をするためにここへ来ました。このお仕事はInstagramを通じて声を掛けていただいて、去年の8月からやってます。

「この前、古本屋や美術館で服に関する本を買いました! もっと服に詳しくなりたいと思ったので、これからいろんな本を読んでいきたいです」
「この前、古本屋や美術館で服に関する本を買いました! もっと服に詳しくなりたいと思ったので、これからいろんな本を読んでいきたいです」

好きなこと、趣味、仕事について

小さい頃から洋服に興味がありました。小学5年生の時に「ファーストクラス」っていうドラマを見て、こういう業界があるんだっていうのを知って。それがきっかけで絶対洋服の学校に行きたい!って思いました。今は洋服の専門学校に通いながらセレクトプロデュースの仕事をさせていただいているので、服に携わりたいという“夢”から自分のブランドを立ち上げたいという“目標”に変わりましたね。

「以前よりメンタルが強くなりましたね。喧嘩になったり強く言われたりすると、心が折れて泣いたりしているような人だったんです(笑)。でもSNSの数字を追ったり周りと比べる機会が増えたりすることで、強くなったなって思います」
「以前よりメンタルが強くなりましたね。喧嘩になったり強く言われたりすると、心が折れて泣いたりしているような人だったんです(笑)。でもSNSの数字を追ったり周りと比べる機会が増えたりすることで、強くなったなって思います」

自分の個性、多様性について

洋服ブランドを立ち上げるために、今できることをいろいろ考えています。コンセプト設計、学校で得た知識、資金集め……など。インフルエンサーの中で埋もれてしまわないように。自分が有名にならないとブランド自体も届けられないので、もっといろんな人と交流できたらな、と思っています。夢とか目標は自分の力でどうにかできることだと思うんです。自分の意思を曲げなければ何年後になるか分からないけれど、絶対ついてくる。そう自分に言い聞かせています。

uuy(19)専門学生
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various