Street Interview
Street Interview #箱根湯本

昆布の魅力に取りつかれて20年
手すき昆布をもっと広めたい

2022.03.23 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:荒 眞人
近藤 哲夫(67)「昆布の長寿館」昆布販売業
近藤 哲夫(67)「昆布の長寿館」昆布販売業

仕事について

「おぼろ昆布」をはじめとした、日本の伝統的な昆布の良さをもっと広めるために、20年くらい前からお店を始めました。昔は昆布と関係のない仕事をしていたんだけど、昆布に出合って、感動して、「世の中の人にもっと食べてほしい」「文化として残していかなければ」と使命感にかられたのが、この仕事を選んだ理由。昆布の魅力に取りつかれちゃったんだよね(笑)。なかでもおぼろ昆布は、すごく繊細だから機械じゃ削れない。手すき(手削り)じゃないとダメなんです。だから大量生産が難しい。まだ全然認知されてないんだけど、この美味しさをたくさんの人に届けたいから、日々頑張っています。

「おぼろ昆布は、手削りで、一枚ずつ昆布の層をはがしていくんです。旨味がぎゅっとしていて、美味しいんですよ」
「おぼろ昆布は、手削りで、一枚ずつ昆布の層をはがしていくんです。旨味がぎゅっとしていて、美味しいんですよ」

好きなこと、趣味について

歴史上の人物で尊敬するのは上杉謙信と西郷隆盛。彼らは、良い意味で“自分がない”んです。いつも他人が優先で、自分のためではなく人のため。弱い人を助ける。本当にかっこいいよね。自分も男としてそうありたいと思ってます。

「酢昆布ももっと広まってほしいな。そのまま食べるだけじゃなくて、例えば新玉ねぎと和えるだけでもすごく美味しい! 料理に使えたりいろいろな食べ方があるんです」
「酢昆布ももっと広まってほしいな。そのまま食べるだけじゃなくて、例えば新玉ねぎと和えるだけでもすごく美味しい! 料理に使えたりいろいろな食べ方があるんです」

自分の個性、多様性について

自分の信念は、いかに人を楽しませるか。ただ昆布を販売するのではなく、昆布を通じて、感動や笑いも一緒に与えていきたい。それさえあれば、商いは長く続けられると思っています。こんなご時世でも、お客さんのなかには遠くから来てくれるリピーターさんも多い。本当にありがたいことですね。

近藤 哲夫(67)「昆布の長寿館」昆布販売業
share
    Latest
    • 「障害は“異彩”だ」福祉×アートで価値転換を企てる福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      「障害は“異彩”だ」
      福祉×アートで価値転換を企てる
      福祉実験ユニット、ヘラルボニーの挑戦
      2022.03.25 Theme & Feature #Art#Various
    • TAEKO
      アラ還ファッショニスタTAEKOの哲学
      「無難を脱ぐ、自由を着る」
      TAEKO
      2022.03.18 Documentary #Fashion#Art
    • 浅井純子
      目が見えなくなってみつけた
      浅井純子の超ポジティブでボーダーレスなセカイ
      浅井純子
      2022.03.11 Documentary #Fashion#Various