Street Interview
Street Interview #箱根湯本

趣味はボランティア
将来は海外で看護師をやりたい

2022.03.24 取材・文:ヨコシマリンコ 撮影:荒 眞人
おもち(20)大学生
おもち(20)大学生

今日のファッション

箱根は商店街があったり、川があったり、食べ歩きがあったりで、結構歩き回るので、動きやすい格好にしました! 普段から、女の子っぽいというよりはカジュアル寄りかも。お気に入りはバッグかな。何にでも合わせやすくて。大学の入学祝いでもらったんです。サイズが小さいから、ちょっとしか入らないですけどね(笑)。

おもち(20)大学生

好きなこと、趣味、仕事について

今はなかなか行けていないんですけど、趣味は海外に行くこと。ボランティアをすることが多いかな。フィリピンの英語学校に通っていたときに、プログラムにボランティアがあって、アジアの小学校に行って折り紙を教えたり。それから、同じアジアでも文化が全然違うことに魅了されて、混沌とした感じが大好きになって、いろんな国を渡り歩くようになりました。貧しい国でも、教科書で見たような悲しいイメージとはまったく違って、皆元気で手を振ってくれる。私の中の勝手な先入観が払拭されました。今は看護学生をしていて、将来は海外で看護師をやりたいと思ってます。

「第一印象は、『ちゃらんぽらん』とか『ばかっぽい』とか思われがち(笑)。でも、実際はちゃんと自分で考えて行動しているので、『皆、もっとちゃんと見て』って思います(笑)」
「第一印象は、『ちゃらんぽらん』とか『ばかっぽい』とか思われがち(笑)。でも、実際はちゃんと自分で考えて行動しているので、『皆、もっとちゃんと見て』って思います(笑)」

自分の個性、多様性について

誰に対しても、「ありがとう」や「ごめんなさい」を言えるように心掛けてます。小さなことだけど、すごく大事なことだと思うんです。あとは、困ってる人や悩んでいる人がいるとき、自分にとってはそうじゃなくても、受け止めることを常に意識しています。

おもち(20)大学生
share
    Latest
    • 塩野美里

      生きることを真剣に考えられる場所、福島県浪江町 東京で働いていた塩野美里が見つけた夢
      塩野美里
      2022.06.16 Documentary #Work #Sustainable
    • 延藤ミッツェル五朗

      「お笑いが好きだから、変革したい」 お笑い芸人とお客さんをつなぐ、延藤ミッツェル五朗の夢
      延藤ミッツェル五朗
      2022.06.03 Documentary #Entertainment #Work
    • 河合優実(かわいゆうみ)

      演じることで生み出せる“価値”は何か 役者・河合優実の心にいつもある多様性とは
      河合優実(かわいゆうみ)
      2022.05.20 Documentary #Art #Movie