Documentary

仕事に趣味に、充実した日々を送るために
ベストな施術は自分で探す

2024.03.11
田中優香
取材・文:山西裕美(ヒストリアル)
撮影:荒 眞人
田中優香 1999年、埼玉県生まれ。大学卒業後、コールセンターの運営会社に就職。BPO事業やアライアンス、顧客のニーズに合わせた提案を行っている。現在ハマっているのはスタバ巡り、ワインの研究、自身で行っているライブ配信。今までに受けた美容医療は、脱毛、二重埋没法、二重切開、ヒアルロン酸注入、インビザライン、二の腕脂肪吸引。
2024年4月に社会人3年目を迎える田中優香さん。手応えを感じ始めたという仕事に、その仕事を通して広がった趣味に資格取得のための勉強に……と忙しい日々を送っている。さまざまな意味で今“充実”の中にいる田中さんは「“効率”を考えた末に美容医療を受けることにした」という。

仕事きっかけで広がった趣味

現在、コールセンターの運営会社にてBPO事業やアライアンスを行っている田中優香さんは、2024年4月で入社3年目。仕事に打ち込むと同時に、趣味も広がっているという。

ONEドキュメンタリー取材田中優香さん

「営業で外出することが多いのですが、ちょっと空いた時間はパソコンで会社に状況報告をするためにカフェに入ります。大学生の頃からコーヒーは好きだったのですが、社会人になってからは前より頻繁にカフェに通うようになりましたね。昔ながらの喫茶店も好きなんですが、やはり何か作業をするなら『スターバックス』が落ち着くんです。飲み物の種類も多いし、サンドイッチやケーキ類も美味しいし、スタッフの方々も親切。“カフェ巡り”というより“スタバ巡り”が趣味になってきました(笑)」

仕事をしていく中で新たな趣味もできた。

「年上のクライアントの方と会食する機会も多くなったので、会話を充実させるためにもワインの勉強を始めました。一度、今日本で流行っているナチュールワインを飲んだのですが、とても美味しくて興味が湧いたというのもあります。ソムリエやワインフィッターを目指しているわけではないですが、知れば知るほどワインが美味しく感じるかなと思うので、ワインエキスパートの資格は取りたいと思っています」

ONEドキュメンタリー取材田中優香さん

上司のすすめでレッスンを始めたというゴルフも今、熱中している趣味のひとつ。それは、彼女を意外な“新しい日課”に導くことになるのだが……。

「ゴルフを始めて3カ月目くらいの頃、インスタグラムでゴルフオーディションのイベントを見つけたんです。軽い気持ちで応募したら最終審査まで進んでしまって。その最終審査『SHOWROOM』でライブ配信をして、視聴者に自分をアピールするというものだったんです。それをきっかけに、日常的にライブ配信をするようになりました。現在は1日最低1回、出社前の30分に配信を行っています。メイクしながら配信することもありますよ(笑)。ワインやゴルフの話、季節のイベントの話など……友だちとビデオ通話をする感覚で、コメントをくださった方と雑談を楽しんでいます」

ライブ配信やオンライン会議でも躊躇せずに笑える

ライブ配信で画面に映る自分、オンライン打ち合わせで画面に映る自分。それを見て感じたことがあったそう。

ONEドキュメンタリー取材田中優香

「やはり画面にアップで映ったとき、自分の顔が気になりますよね。子どもの頃からまわりの友だちにはかわいい子が多くて、その子たちと自分自身を比べていじけていたんです。でも中学生の頃には『美容でなんとかしたい、頑張らないと!』とポジティブに考えて、メイクの研究などをしていました。実は、高校生の頃に奥二重をはっきりした二重にしたいと思って『二重埋没法』の施術を受けたのですが、あまりうまくいかなくて。そのままになっていました。ライブ配信で人に見られる機会も増えたのもあって、メイクの努力だけでは限界がある、とプロの力を借りるべく美容医療の施術を受けようと思ったんです」

さまざまな症例を見ながらクリニックを選んでカウンセリングを受けたのち、二重の施術として「二重切開」を選んだ。

ONEドキュメンタリー取材田中優香

「『二重埋没法』では、まぶたに食い込んでいる感じが納得いかなかったし、不自然さを友だちから指摘されることもあったので、今回は『二重切開』を選びました。自然な感じに仕上がって、今回はうまくいったと思っています。その後に受けた施術が、マウスピース矯正の『インビザライン』。歯並びにコンプレックスがあったわけではないのですが、やはり歯並びが人に与える印象は大きいかなと思って。ライブ配信やオンライン会議で自分の顔がアップになっても、躊躇せずに笑えるようになったと思います」

ONEドキュメンタリー取材田中優香

ベストな施術を見極めるから、美容医療は裏切らない

さらに、もともと気になっていたという二の腕の施術にもトライした。

「学生時代はバレーボールをやっていたので、二の腕が筋肉でモリッとたくましかったんです。ダイエットでは細くできないと分かっていたので、『二の腕脂肪吸引』の施術を受けてみようと思いました。やっぱり夏は二の腕を出して、かわいい洋服を着たいなと思って。カウンセリングの場で希望を話して、できる限りの脂肪を除去していただきました」

社会人となり美容医療を体験して感じたことは、「美容医療は裏切らない」ということだという。

「学生時代はボディエステに通ったり、高価な化粧品を試したりもしてみたんですが、やはり劇的な効果を感じにくいし、限界があるなと思ったんです。クリニックで丁寧なカウンセリングをしてもらって、ベストな施術を選んで受ける。美容医療は確実に結果を出してくれると感じています」

ONEドキュメンタリー取材田中優香

今、公私共にやる気に満ちあふれているという田中さんに、これからのビジョンを聞いてみた。

「最近、だんだん仕事の面白さがわかってきたところです。仕事をもっと頑張って、プライベートも充実させたいですね。お給料が上がれば、いざというとき美容医療を受けやすいというのもありますし(笑)。それもモチベーションになっていると思います。美容医療は裏切らないけれど、自分でも努力は怠らないようにしたいです。症例をよくみてカウンセリングをよく聞いて、できるだけ自分の素材を生かした施術を選んでいきたいですね。俳優の橋本環奈さんみたいな顔に憧れるけど、あの顔になれるわけではないし(笑)、過度な期待をしないほうが失敗もないし、ハッピーでいられるかなと思っています」

ONEドキュメンタリー取材田中優香
share
    Recommend
    • 未来
      二重、それは“無敵モード”。裏方でも感じた大いなるメリット
      未来
      2023.02.02 Documentary #二重・目元
    • 渡部美紗
      自分のよさを引き出す見た目に整えれば、誰もがパワフルな存在になれる
      渡部美紗
      2023.11.07 Documentary #小顔・フェイスライン #スキンケア
    • 福長実咲(みさきち)
      歌手&ジムトレーナーにとっての美容医療 「あったら良いぐらいの、ビタミンサプリみたいなもの」
      福長実咲(みさきち)
      2023.02.03 Documentary #小顔・フェイスライン #スキンケア
    Latest
    • airi

      愛車は「Kawasaki ZX-6R」。行動派ドレススタイリストが描く美容と人生のロードマップ
      airi
      2024.04.17 Documentary #小顔・フェイスライン #二重・目元
    • 芹澤玲子

      お客様へのホスピタリティのために。 銀座のホステスが選択した自己投資先
      芹澤玲子
      2024.04.12 Documentary #スキンケア
    • 中山 翠

      迷いなくオシャレなスポーツウェアを着られるから、日々の運動をより楽しめる
      中山 翠
      2024.04.03 Documentary #医療脱毛